Latest posts.

私らしく

寒空の下 庭をさわってました。

ちびぽぽちゃんと一緒に。

私は土をならしたり のけたり。で、集中して自分の世界に入ってたり。

ちびぽぽちゃんは 側で歌ったり、土を踏んだり、お話したり(何言ってるかわからないけど)

そこで、ふと、気がついた。

今 私 誰にも気をつかってないぞ。と。

ちびぽぽちゃんと一緒にいるけど、お互い好きなように過ごしてるぞ。と。

誰かがいて、こんなに気を遣わないって、あったっけ?

私 のびのびしてる。

ああ もしかして ちびぽぽちゃんの前の私が一番私らしいのかもしれない。怒るのもなあ〜と飲み込まずに 怒るし、泣くのはどうかと我慢しないで、好きに 泣いてる。言いたいことをすぐに言っている。嬉しかったら、嬉しいと全身で言って、大好き愛してるって、心から魂からもっと深いところから伝えてる。

ちびぽぽちゃんが 私を自分らしくさせてくれるのかもしれない。

 

ぴとぴとさん

チビぽぽちゃんは、どこかくっついて寝たいらしい。

うん、わかる。

私もさみしんぼう(寂しがりや)だから。

でも、ああ、こんな時間に寝るのかよ(17時)

しかも、ぴとぴとさんかよ。

夕飯どうするよ。

 

と、なると、

また、今日も思い描いたようにいかなかったと

誰にも知られてないから、咎められることもないけれど

誰に助けてもらう事もできず

世界の端に2人、置いて行かれたような気分。

こんこんこここ ここじゃらし

ここじゃらし=ねこじゃらし

お気に入りのDVDにある猫じゃらしの歌で覚えた
「ここじゃらし」

今、チビぽぽちゃんの中でブームで
今日も夕飯中に
架空のここじゃらしを、私に渡してきたので
私も架空のここじゃらしで、チビぽぽちゃんを、くすぐる。

「ケタケタケタケター」

と、笑い、今度は私をこそばしてくる。

「ひえええーくすぐったいーーーー」

と、笑うと、より一層楽しそうに笑うので

嬉しくなってまた、くすぐる。
こそばす。くすぐる。

ケタケタケタケターーーーー

くすぐったいーーーーーー

ウケケケケケーーーーー

って、繰り返して15分?
(全て架空の、くすぐりあいっこ)

笑いすぎて頬の後ろが痛くなりました。
使ってない筋肉をつかったみたい。

日頃、こんな風に笑ってなかったな。私。
笑おうっと。

きちんと ちゃんと

きちんと ちゃんと

この言葉、
自分を苦しめてるって
最近気がついた。

ら、

チビぽぽちゃんに対しても
多用してる事に気がつき

やめよう。

一体何をもって
きちんと
ちゃんと
なんだ?

常識か?道徳か?

そんな形のない だけど人目を気にしてそうな言葉で

チビぽぽちゃんを縛りたくない。

つかうのやめよう。

私に対しても

卒乳

そろそろ、と、思っていました。

正直、夜中に起こされるのは辛くなってたし
出かけようとしたらマンマって言われて、困ってたし。
生理は再開してるし。

でも、いきなり
卒乳されると、ワガママなもので
寂しい。

覚悟してたけど、覚悟してなかった。

優しく口を ぷわっとあけて
ぱっくり、おっぱいをくわえる。
そして、安心して満ち足りた表情で
飲みはじめる。
大事そうにコソコソと胸を触る。
たまに爪をたてて、私が怒る。
何かわからないけど
2人でふふふふふふって笑いながら授乳する。

どんだけ、訳のわからない事で泣いてても
おっぱいをくわえさせたら、
泣き止んで、飲んでくれた。

生理になり、風邪をひき、
夜中に起こされるのが辛くて
起こされた時に
「もうやめようよー」
って言って、チビぽぽちゃんを泣かせ、
お昼寝で添い乳していたのを
指を入れて離そうとしてギャアーって泣かれ、ごめんごめんって
もう一度口に入れたのが最後。
その日の晩に
マンマ
って言うのを
「お母さんも、しんどいの。もうやめよう」
って泣いたら

やめた。

明け方に一回起きて
マンマ
って言ったけど

我慢できたもんね。
頑張ってみようか?
って言ったら、

諦めて。。。

お昼も、マンマって言ったけど
頑張ってみる?と提案したら
諦めて。。。

あんぱんまんの人形を蹴ったのち、
寝かせて
添い乳のふりをして

小さく
「マンマ、バイバイね」
って、言って。。。。

昼寝は「マンマねんね」と言わずに
寝ました。

あの、
「マンマねんね、マンマねんね、マンマねんねーーーーーーー」
の、コールも聞けないし

もう少し、大事に飲ませてたらよかった。
最後に泣いてやめさせるのではなく
やめれる?(^-^)って、やめたらよかった。
最後にギャアーって泣かせるのではなく、
ピトピトしたらよかった。

再開したい( ; ; )

ああ、本当に今は今しかない。
それを
思いしらされる。

ああ、もう一度口にふくんでくれないだろうか

妨害による効能

宝物のチビぽぽちゃんが、産まれてくれてから
2年と少し経ち
意思のはっきりしているチビぽぽちゃんを連れての
何事も計画通りにいかない日々。

私のやり方が悪いのか。
チビぽぽちゃんが妨害大魔王なのか。。。

とにかく、毎日
今日はこうしてこうしてこうしよう。
を、やめときゃいいのに
思い描き

70パーセントは達成できなくて
達成感のなさに
落ち込み、イライラする。

なんでこんなに
凹まないといけないのか。
イライラするのか。

今日その理由がわかった。

自己肯定感が低いからだ。

そこを埋めるために、いろいろ動いていたからだ。
それが、できなくなった。
じゃあ、私の価値はだだ下がりじゃないか!
どうすりゃいいんだ!
どうしてくれよう!

と、イライラ吠えてたんだ。

だから、パパに褒めてくれと懇願していたんだ。
そして、褒めてくれていたとしても
足りない、足りないって思ってたんだ。

そこを、妨害大魔王のチビぽぽちゃんは
気付かせてくれた。

ああ、マジ、宝物。
で、授かりもの。

40度

チビぽぽちゃん、熱を出した。

いつもいたって元気で
時にウンザリするくらいのパワーで
私.しゃ フラフラーって思うこともあるんだけど

熱を出して、大人しくなると
(それでも、元気な方なんだが)
心配に。

ああ、日頃の元気は
大変だけど、本当にありがたいことなんだと
実感。

40度を超えてきて、
大丈夫という思いと
もし、、、という不安と
どうしたらいいんだろう。と、
とりあえず横にいて。

やっと、
パパが帰ってきた。

と、思ったら、
チビぽぽちゃんを少し見て
病院は行ったのか?
うんぬんの軽い質問をして二階へ。

いやいや、座薬入れようかと思ってるんだよ。
協力してくれよ。
そばにいてくれよ。
こっちも不安なんだよ。
待ってたんだよ。
っていうか、
大丈夫?とか、
心配だったね。とか、
ねぎらいの言葉はないんかい!
って、思いながらも
座薬の入れ方を電話で妹に聞いて。。。。

でも、チビぽぽちゃんは
息が少々荒いし、
抱っこしてるし
座薬を3/4に切らないといけないし。
やっぱり手伝って欲しい。
と、

「パパー」「パパー!」

って呼ぶもすぐに降りてこず。

降りてきた時には不機嫌そうに
「呼ぶなら、要件言ってくれ」
などと、ぬかす。
いや、お前、40度の娘の横で
声張り上げて、要件言えだと?
っていうか、リビングの端から、君の部屋に声届かせようと
思ったら、近所迷惑のボリュームだよ。

こっちは、娘抱っこしてるんだよ。

って思いつつ

座薬を切ってもらい、
声をかけながら、
とりあえず入れる。

主人はなんや、イライラしてる。
一体なんやねん。
何か急ぎの用があるのか?
と、聞くと、
今日中仕事があるとのこと。
(すでに23時をまわってる)

じゃあ、仕方ないか。
とも思うが
いや、お前、娘が熱出してるねんから
協力しろよ。

って思ったけど。。。。。

まあ、そこに腹立てても喧嘩するタイミングではないし。
もういいやって、
ありがたくも、チビぽぽちゃんの様子が落ち着いてきたから
寝る準備を始める。

こっちは、パパどころではない。

次の日、まだ熱はあるもののの、
前日の晩のようなしんどそうな気配は消えたチビぽぽちゃんの横で
パパの、なんやそれ、態度を再考。

くそー腹たつーくそー
あれでも、父親か?
しかし、どうも、おかしかった。
いつもは、呼ぶ際に要件を言えなんていわないのに。
ろくに、チビぽぽちゃんを、
見ようともしなかった。
いつもは、寝てる姿を、じいって観察するのに。

、、、、、もしかして、心配しすぎてたのか?
怖かったのか?

ああ、そうかもしれない。
私だって怖かった。
何かあったら、どうしようって思った。
とにかく、まわりから聞いてきた情報を総動員して
病院で聞いてきたことを、観察して。
すぐに、どうこうは、ないと、思って。
抑えてたが。

そっか。
パパには、その知識がない。

私たちの大事な宝物の
チビぽぽちゃん。

パパは、私みたいにストレートな感情表現をしませんが
チビぽぽちゃんが大事で大事で
うろたえるほどです。
とっても、とっても、父親、のようです。

たすけて

途方にくれる時があります。

出かけた先で
帰りたいのに、
帰ってご飯やお風呂や用意したいのに
私も疲れたのに

チビぽぽちゃん、渾身の力で
チャイルドシートを拒む。
抑えつけて載せるのが
無理で。。。
駐車場で、吠える。
または泣く。
諦めて待つ。。。。

または車の中で
泣き続ける。
歌おうが、ぬいぐるみ渡そうが
食べ物を与えても、ダメな時もある。

車だし。
誰にも助けてもらえない。
帰ったら、ご飯やお風呂の用意が待っている。
車でこんなに泣いて
帰って、機嫌悪いままだと
家事もろくにできない。
でも、かえっても、誰もいない。
私がするしかない。
帰っても、大変だったねって、声をかけてもらえない。

みんなそう。
みんなそうやって、頑張ってる。
子育てしてる。

わかってるけど、、、、

助けてーーーーーー!!!

って、車の中で叫ぶ。
何度か叫ぶ。

情けないけど。

でも、とりあえず外に吐き出して、

また前を向く。

そんな母の姿を見せられる
チビぽぽちゃんは、大丈夫だろうか?
と、不安になりながら。。。

とりあえず、やることをやる。

いたいいたい期

きっと、来たんだ思います
世に言う
「イヤイヤ期」

チビぽぽちゃんは、イヤイヤというより、
思う通りにいかないと
「イタイイタイ」
と、泣きます。

まあ、、、、心が痛いのかもしれませんが。。。

何が原因かわかればいいんだけど
わからない時もあるし。
わかっても、対応できない時もあるし
こちらも、だんだん、
だんだん
だんだん
イヤイヤイヤイライライラーーー
イーーーーーラーーーーーーイーーーーーラーーーーーー!!!

ってうつってしまい。

アンギャオゲーーーーーグオラーーーー!
ボガジニニガーーーーーー!!!!

って吠えます。

その後余韻の
ガルルルルルルル〜〜〜ガルルルル〜〜〜ガルルルルガルルルルルルル
と、唸ってると

ある程度落ち着いた(落ち着いた場合)
チビぽぽちゃんが
くっついて来てくれます。
ティッシュで顔を拭いてくれたり
ニッコリ笑ってくれたり。

こっちは余韻でガルガルしてるので
チビぽぽちゃんの慰めに応じるのも悔しかったり
まだまだ、ガルルルル〜〜って気分だったりするけど。

その愛らしさに負けて

ごめんね。

と、仲直り。したり。
自分の小ささを再認識します。

こどもってすごいなあ。
右の頬を打たれたら左の頬を出す。
を、普通にしてる。
こんな、イライラマシーンのような私を
大きな愛で受け入れてくれる。

本当にありがとう。

いや、マジで。

土日のうち、いずれかは
パパと一緒にお出かけのできる日。

ですが、うっかり、休日モードによる延長睡眠などにより
起きるや否や
バタバタ、用意する羽目になる事も。

、、、私の監督責任?

私の用意は3つ同時進行。
自分の用意、
ちびぽぽちゃんの用意、
家の用意。

しないといけない事
帰ってきたときのためにしておきたい事
でも、イライラしない程度に準備するには

頭の中を 優先順位を決められた内容がグルグル、はためき
カチカチ、時計の音がして
えーと、えーっと
って、
そのうち、
優先順位低めのものから
脱落していくものが続出し
ああああ、ザンネン、と思いつつも
最低限の用意をしていく。

あと、20分。
どこまでできるか
どうすれば、効率よくできるか?

なんて、考えて動いてると

ふらーーーと、
涼しい顔で二階から
溺愛なるゲームの世話を終えた
主人が降りてきて

「出れる?」

という佇まいで、立ってる。

とりあえず、できる事をやって欲しいんだけど
何やっていいかわからないから
突っ立ってる。

私の リストを全て話す余裕はなく
とりあえず、主人ができるものを
リストの中から、探し出し、釣り上げて、伝える。
そうすると、私のペースも乱れる。

えーっと、えーっと

って、やっと出れた時には

主人も少々不機嫌。

いや、マジで。なんでやねん。
と、思いつつも
自分の監督不行き届きか、、、
と、反省して
お出かけが始まる、、、、、( ; ; )